アロマティーク インスティチュート

コース紹介

Courses

詳細

芳香心身学:③-1「自律神経ケアクライアント実践対話アプローチ1~心の可動域を作る~」

通常価格:  ¥88,000 税込
商品コード: ANA05

通常価格: ¥88,000 税込

希望開催日:
数量:
開催日
詳細

東京校:
2022年10月27日オンラインクラス
2022年11月5日インクラス
2022年11月6日インクラス
2022年12月10日オンラインクラス(ロング)
2022年12月11日オンラインクラス(ロング)
2023年1月12日オンラインクラス


授業時間

オンラインクラス開催 13:00-16:00
オンラインクラス(ロング)開催 10:00-17:00
インクラス開催 10:00-17:00

受講料

全30時間:88,000円(税込・授業教材・テキスト込)

会場

ARTQインスティチュート東京校(表参道徒歩5分)
東京都港区南青山5-12-19-301  [地図(Google Map)]  [地図(PDF)]

講師

アネルズあづさ Azusa Annells

受講対象者

基礎受講を修了されている方、及び「香りと心身の関連性/アロマセラピーと精油の理解と確認」の受講を修了している方

他校での受講が修了している方(基礎は約12時間が目安です)、もしくは同時に基礎などの授業を希望される方は、録画などの対応がありますのでお気軽にご相談ください。

再受講は無料となります。

催行人数

東京校6名

コースについて

インスティチュートの特徴と特典 
講師紹介 
お申込みについて 
体験・説明をご希望の方 
注意事項 
レベル・コース別絵図

どうやって人の心と身体に寄り添って深く対話ができるのか?
対話とおしゃべりと何が違うの?

私たちが予防や改善、健康という範囲で何を理解し、感じ、どのようにお話をすることができるのか?など、
頭で考える対話ではなく実際に「話す」ことは容易ではないことに気づきます。

「自分の言葉」で相手と対話できているか?
「アドバイス」を繰り返し行う方法や型通りの質問だけになってしっていないか?
話す側の私たちに大きな疑問と不安が訪れます。

このクラスでは、予防ケアとしての自律神経ケアサポートをイメージしながら、
アロマセラピーの活用のための「対話の本質」を感じ考え共有し、
それは技術的な「型」や手法ではないことを体感します。

あらかじめ用意された質問などの「フォーマットやできた形」から脱却し、「人と話す」あり方を見出していきましょう。

*問診/質問と対話の違い
*対話の本質
*感情の言葉を理解する
*自分の話し方と声
*自分の言葉で話すということ
*聴き手と話し手
*対話の中での感情や内容を捉える目線と角度を感じる
*対話の中の自分
*クライアントに対して何を届けるか
*現実と思考と感情の関係性
*ケーススタディ

*クラスは、オンラインクラスとインクラスの両方の組み合わせで進行していきます。

*全ての授業は、録画での復習受講が可能です。また再受講は無料となります。

*単発でのお申し込みは制限がありますので、最初のご説明をご確認ください。

*修了書(ディプロマ)は全過程を修了した方に発行いたします。

*再受講は無料となります。

また、アロマセラピストとしての専門課程として統合的に習得を希望される場合には、
「国際統合予防アロマソーシャルワークプロフェッショナルコース(IIASP)」もご覧ください。
こちらは、カリキュラム内に自律神経バランスアロマセラピーの学びを含め、
さらにアロマセラピーに関連する専門科目を総合的に学ぶことができるコースです。



Autonomic Nervous System and Balanced Aromatherapy Professional Course

自律神経バランスアロマセラピープロフェッショナルコース概要
Autonomic Nervous System and
Balanced Aromatherapy Professional Course

「香りと心身の関連性/アロマセラピーと精油の理解」全2回/12時間
*アロマセラピー(芳香療法)のこれまでとこれから
*アロマセラピー基礎の確認(問いかけ)
*香りと精油/嗅覚の研究について
*精油の心身への関わり
*香りの働きと自律神経の関わり
*心身と捉えた精油ブレンドについて
*精油の活用と注意事項における留意点
*精油ブレンドとその活用/バランスのイメージと実際の違い
*精油の化学と応用
*希釈と基材の活用


「自律神経・心身の関連性と精油の活用1」 全7回/24時間
*嗅覚の仕組みと香りを感じること
*自律神経の研究の歴史と基本的構成
*自律神経の仕組みと心身との関連性
*自律神経と呼吸と精油
*自律神経と免疫と精油
*自律神経と骨筋と精油
*自律神経と循環と精油
*自律神経とストレスと精油
*自律神経と痛みと精油
*自律神経と睡眠と精油
*自律神経と体温調節と精油
*自律神経と運動と精油
*活用精油とブレンド実践と精油


「自律神経・心身の関連性と精油の活用2」全6回/18時間
*自律神経と内分泌と精油
*自律神経と生殖器と精油
*自律神経と女性心身1と精油
*自律神経と女性心身2と精油
*自律神経と母性と精油
*自律神経と情動と精油
*自律神経とリラクゼーションと精油
*活用精油とブレンド実践課題(+実践練習は加えて実技授業内で行う)


「自律神経ケアクライアント実践対話アプローチ1~心の可動域を作る~」
全6回/30時間
*問診/質問と対話の違い
*対話の本質
*感情の言葉を理解する
*自分の話し方と声
*自分の言葉で話すということ
*聴き手と話し手
*対話の中での感情や内容を捉える目線と角度を感じる
*対話の中の自分
*クライアントに対して何を届けるか
*現実と思考と感情の関係性
*ケーススタディ

「自律神経ケアクライアント実践対話アプローチ2~ケースと精油ブレンド~」  全9回/33時間
*不安
*受容と許容
*決断と選択
*心身の回復
*ネガティブ思考
*罪悪感
*後悔
*人間関係
*正直になること
*劣等感
*トラウマ
*心を開く
*心身の健康
*ケーススタディ


「自律神経アプローチケア方法」 全4回/24時間
*実践実技ケア
*ケアと精油ブレンド実践
*触れるを科学と感覚で理解する


「心と身体のための解剖学」全5回/10時間
*呼吸器系
*循環器系
*生殖器系
*神経系
*消化器系
*骨筋肉系
*免疫系
*感覚器系


「精油と基材の活用方法とケア」全1回/6時間
*植物油の特性とそれぞれの活用
*原材料から基材を仕上げる=クリーム・ゲル・パック・ローション・バーム
*精油と基材の活用実践


「自律神経バランスアロマセラピーケア実践」
*ケーススタディ実践練習:40症例
*クリニックデイ(症例ケース外部ケア:15症例
外部からのクライアント募集において実践に沿ったセッションを行います。
また、ケース症例実施は授業内及び課題の両方として行います。


「リサーチ(研究)」
様々な研究や論文を見るだけでなく、自律神経とアロマセラピーの内容を学んだ中で、各自でテーマを決め研究に取り組み発表を行います。


「最終提出論文・課題」
最後修了前の課題に取り組みます。



修了後は、定期的な学びを継続できる勉強会やブラッシュアップセミナーを実施します。現場でのケアの実践をより深めるための他の推奨コースとして、
「フルボディケア実技習得コース」及び「オーガニックフェイシャルケアコース」を並行して受講されることをお勧めしております。

また、アロマセラピストとしての専門課程として統合的に習得を希望される場合には、
「国際統合予防アロマソーシャルワークプロフェッショナルコース(IIASP)」もご覧ください。
こちらは、カリキュラム内に自律神経バランスアロマセラピーの学びを含め、
さらにアロマセラピーに関連する専門科目を総合的に学ぶことができるコースです。



セミナー講師や授業のご依頼
資料請求・メルマガ登録はこちら