アロマティーク インスティチュート

コース紹介 / コース別の一覧

Courses

心と身体の表現学コース
コ-スの紹介ムービー
心と身体の表現学 〜大人として失われた感覚を取り戻す〜

心と身体の表現学 〜大人として失われた感覚を取り戻す〜

「心と身体には、動きたい方向がある、望んでいる方向がある」

心と身体の表現学は、まだ日本の実践の現場では馴染みのない「シアターワーク」という新しい芸術療法と、心理学要素を組み合わせた方法を用いた教育プログラムです。

「シアター」と名前がついているため、「演じる」ということを連想する方も多いと思いますが、このコースでは役者のように「演じる」ことを学ぶのではなく、自分自身との向き合い方そして他者とのコミュニケーションに触れるため、頭で考えるのではなく「感覚を研ぎ澄ます」ためのスイッチを一緒に押していきます。

誰にでも備わっている「心身の感覚・感性」を軸に、演劇的な要素をヒントとした感覚・体感ワークに心理学的な要素を組み込んで、自分と他人のお互いに存在する「嗅覚、触覚、聴覚、味覚、視覚、第六感」で感じる動きや動作と観察、自分の気づきや感覚に触れることができるボディワークなど、自分の生活の中でのセルフトリートメントとして活用いただけます。また忙しさの中で自分のケアがままならず「洞察力」が鈍ってしまっていたり、仕事や生活の中で他者への「共感疲労」を感じている方にもおすすめです。

「ないことにしている」けれども、「確かにある」
「気にしないようにしている」けれども、「気になる」

常に意識し考えることと、実際に身体にどう現れ行動しているか、
私たちはこのシアターワークを通して、自分が普段意識していない深い深層意識へ触れることで、自分にとってのコミュニケーションのあり方に気づくきっかけとなります。

このコースでは、教育現場でのシアターワーク、臨床でのドラマセラピー、心理療法やトラウマケアとしてのムーブメントセラピー、リハビリテーションとしての表現活動、自閉症のある子どもたちとの演劇活動、紛争地でのシアターワーク、企業や組織でのリーダーシップ研修など、演劇や芸術表現が心身の深層のケアと変容のために機能している世界の様々な事例を取り上げながら、実践と理論の両方で一緒に感じ、学んでゆきます。

自分自身のために、また医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルの皆さんなど、ドラマセラピーに関心があり、今後それぞれの現場での導入・応用を視野に入れていらっしゃる方々におすすめです。また、具体的な社会課題や症例に取り組むために起業家・経営者・管理職など組織の在り方、イノベーションを探求されていらっしゃる方々にもおすすめです。

Drama and Movement Therapy

開催日

スケジュールをご確認ください。

授業時間

6時間(10:00-17:00)
こちらのコースは全部で4日間で構成されております。
まずは2日間(Ⅰ&Ⅱ)を1セッションとしてご受講いただき、続く2日間(Ⅲ&Ⅳ)へとお進みいただくのがおすすめです。
2日連続でお越しいただくのが難しい場合は、翌月に繰り越していただけますので、カートの3段目以降をご参照ください。
初めての方は、Ⅰからお進みください。

受講料

¥48,400 (テキスト・教材・資材込み)

講師

小木戸利光(TPCR代表)Toshimitsu Kokido

受講対象者

医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルなど、芸術療法に関心があり習得したい方、また、職業柄、相手や環境との共感疲労を感じやすい方々にも、自らに寄り添う機会として、おすすめのコースです。

催行人数

6名から

コースについて

インスティチュートの特徴と特典 
講師紹介 
お申込みについて 
体験・説明をご希望の方 
注意事項 
レベル・コース別絵図

お支払いに進むために、予め、ログインまたは新規会員登録を行なってください。

感覚と心身コミュニケーション学〜精油をより有効的に活用するために嗅覚・触覚・視覚から心を学ぶ〜

感覚と心身コミュニケーション学〜精油をより有効的に活用するために嗅覚・触覚・視覚から心を学ぶ〜

「香り(精油)を心に届けるための理解を深める」

忙しい毎日の中で、日々に追われることに疲労感を感じ、
人からの影響を気にしてしまいすぎるあまり、
自分自身を意識した、自分自身の感覚をどこかに置き忘れていませんか?

また、日々の仕事や人間関係、クライアントとの中でどのようなことを感じていますか?精油を活用する中で、どのようにより良く心に寄り添った提案ができるのだろう・・と感じていませんか?

頭で理解しようとしたり、自分に言い聞かせたりなど抑え込んでいる感覚や感情と共に、年齢を重ねることで「慣れ」や「避けること」が当たり前のようになっています。

目に見えるようにしてなかなか学ぶことができない心の動きですが、生活の中で精油を活用したり、ケアを行ったり、提案するという場面において、まず相手の心を感じたり、汲み取るための自分の理解の準備はできているかどうか不安に感じている方も多くいます。こういった自分自身の理解の土台が、直接クライアントのコミュニケーションの上で大切な要素ともなります。

クラスの中では、他者の気持ちの動きや表現、行動を共有することによって、今まで自分の中に持ってきた「常識的概念」が、どのように作用しているのか?、また自分はどうしてそう感じ、考えてきたのか?など、
自分だけでは見えない角度や視点からの、他者との関わりとあり方を、学ぶことができます。

嗅覚+触覚+視覚(心理学的タッチケア)を含め、これまでにない身体的なワークショップを組み込み、私たちの感覚がどのように感じ、意識し、理解しているか?ということを、本能的に体感していきます。

まだ日本の実践の現場では馴染みのない「シアターワーク」という新しい芸術療法も取り入れながら、心理学要素を組み合わせたアロマセラピー&触れて視るタッチケア(嗅覚・触覚・視覚)などの感覚を用いた教育プログラムです。

コースを通して、実際に現場で心と身体、嗅覚や触覚を使って感じるゲーム的要素もある感覚ワークショップを通し、新しく、楽しく、自分にとってのコミュニケーションのあり方に気づくきっかけとなります。

自分自身のために、また医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルの皆さんなど、感覚を駆使した表現に関心があり、今後それぞれの現場での導入・応用を視野に入れていらっしゃる方々におすすめです。また、具体的な社会課題や症例に取り組むために起業家・経営者・管理職など組織の在り方、イノベーションを探求されていらっしゃる方々にもおすすめです。

Inside Sense, and Drama and Movement Therapy

開催日

大阪校開催・スケジュールをご確認ください。

授業時間

5時間(10:00-16:00)2日間
このコースは2日間を1セッションとしてご受講いただくのがおすすめです。

受講料

¥48,400 (単発受講ご希望の場合:1回あたり24300円 /テキスト資材込み)

講師

アネルズあづさ Azusa Annells(プロフェッショナルアロマセラピスト・弘前大学医学研究科産婦人科講座博士課程在籍)& 小木戸利光(TPCR代表)Toshimitsu Kokido

受講対象者

医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルなど、芸術療法に関心があり習得したい方、また、職業柄、相手や環境との共感疲労を感じやすい方々にも、自らに寄り添う機会として、おすすめのコースです。

催行人数

6名から

コースについて

インスティチュートの特徴と特典 
講師紹介 
お申込みについて 
体験・説明をご希望の方 
注意事項 
レベル・コース別絵図

お支払いに進むために、予め、ログインまたは新規会員登録を行なってください。

【単発受講】感覚とコミュニケーションの表現学〜正解のない感覚を自分でどのように理解し意識できるか〜

【単発受講】感覚とコミュニケーションの表現学〜正解のない感覚を自分でどのように理解し意識できるか〜

「自分の心と身体をつないでいる答えのない大切な感覚」

忙しい毎日の中で、日々に追われることに疲労感を感じ、
人からの影響を気にしてしまいすぎるあまり、
自分自身を意識した、自分自身の感覚をどこかに置き忘れていませんか?

心と身体の表現学と共に、まだ日本の実践の現場では馴染みのない「シアターワーク」という新しい芸術療法と、心理学要素を組み合わせたアロマセラピー&触れて視るタッチケア(嗅覚・触覚・視覚)などの感覚を用いた教育プログラムです。

シアターとして役者のように「演じる」ことを学ぶのではなく、自分がこれまで感じてきた感覚や、頭ではわかっていてもなかなか表現することが難しいと感じてきている感覚と気づき、さらに他者とのコミュニケーションと洞察力を養うためのコースです。

クラスの中では、他者の気持ちの動きや表現、行動を共有し観察することによって、今まで自分の中に持ってきた「常識的概念」が、どのように作用しているのか?、また自分はどうしてそう感じ、考えてきたのか?など、
自分だけでは見えない角度や視点からの、他者との関わりとあり方を、学ぶことができます。

このコースの特徴は、嗅覚+触覚+視覚(心理学的タッチケア)を含め、身体的なワークショップを組み込み、私たちの感覚がどのように感じ、意識し、理解しているか?ということを、本能的に体感していきます。

簡単に「触れる」という言葉を使うにしても、
大切な人に触れること
セクシャルハラスメント
虐待

このようなことは全て「触れる」という感覚に含まれて来るため、
人によってその捉え方は様々であり、決して自分と周りの人が一緒であるということは言い切ることができません。

この感覚値は、私たちみんながクリアに理解できているようでできていない分野であり、改めて感覚に沿った意識的な理解と学びが大切です。

コースを通して、実際に現場で心と身体、嗅覚や触覚を使って感じるゲーム的要素もある感覚ワークショップを通し、新しく、楽しく、そして自分が普段意識していない深い深層意識へ触れることで、自分にとってのコミュニケーションのあり方に気づくきっかけとなります。

自分自身のために、また医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルの皆さんなど、感覚を駆使した表現に関心があり、今後それぞれの現場での導入・応用を視野に入れていらっしゃる方々におすすめです。また、具体的な社会課題や症例に取り組むために起業家・経営者・管理職など組織の在り方、イノベーションを探求されていらっしゃる方々にもおすすめです。

Inside Sense, and Drama and Movement Therapy

開催日

大阪校開催・スケジュールをご確認ください。

授業時間

5時間(10:00-16:00)
このコースは2日間を1セッションとしてご受講いただくのがおすすめです。

受講料

¥24,300 

講師

小木戸利光(TPCR代表)Toshimitsu Kokido & アネルズあづさ Azusa Annells(プロフェッショナルアロマセラピスト・弘前大学医学研究科産婦人科講座博士課程在籍)

受講対象者

医師、セラピスト、介護者、教員、ヘルスケアプロフェッショナルなど、芸術療法に関心があり習得したい方、また、職業柄、相手や環境との共感疲労を感じやすい方々にも、自らに寄り添う機会として、おすすめのコースです。

催行人数

6名から

コースについて

インスティチュートの特徴と特典 
講師紹介 
お申込みについて 
体験・説明をご希望の方 
注意事項 
レベル・コース別絵図

お支払いに進むために、予め、ログインまたは新規会員登録を行なってください。

セミナー講師や授業のご依頼
資料請求・メルマガ登録はこちら